真山 壮

2016年6月22日

講師01b

自分に合った運用方法を見つける

「投資は誰にでもできる」と同時に「その人に合った投資のやり方」が存在します。ただやみくもに、進められるがままに投資をするのではなく、まずは自分自身で知識を得ることが大切です。

将来、格差はさらに広がります

所得が経済成長率を超えて増えるということはありません。となると、資産運用で得られる利回りが所得の増加率を上回っている場合には、資産を持つものと持たざる者との格差が一層拡大していくということになります。

視野を広げ、固定概念にとらわれない

これから資産形成を望むのであれば、視野を広げて海外に目を向け、経済活動が活発に営まれていて成長期待のある国や地域を見つけ、そこにいち早く投資して運用していくことが大切です。